ハワイは今何時?

ハワイの観光スポット、レストラン、イベント、おみやげ、新店情報、事件・事故・治安情報のほか、在住者の視点でトラブルや事件・事故に巻き込まれないようにするにはどうしたらよいかなどを具体的に書いています。ハワイの旅を安全に楽しみたい人におすすめのブログです。

【ネタバレ無】Bad Times at the El Royaleを観た感想 映画の印象をキーワード化してみた

calendar

reload

【ネタバレ無】Bad Times at the El Royaleを観た感想 映画の印象をキーワード化してみた

アメリカで既に公開になっている「Bad Times at the El Royale(原題)バッド・タイムズ・アット・ザ・エル・ロワイヤル」をハワイの映画館で観てきました。ネタバレしてほしくないけど、どんな雰囲気の映画か、自分の好みに合う映画かどうか知りたい方向けに情報をシェアします。

スポンサーリンク

簡単なあらすじ

カリフォルニア州とネバダ州の州境にあるホテル、エル・ロワイヤルに集まった、さまざまな事情を抱える客&ホテル従業員のバトルロワイヤル。

これ以上のあらすじは知らない方が楽しいかもなのでこの辺で。。^^

映画の感想

1960~70年代の感じが好きな方にはおすすめの映画です!

ただ、バイオレンスな描写もあるのでそれが苦手な方にはおすすめしません汗

個人的にはクエンティン・タランティーノの作品を思い起こさせるところもありましたが、そこまでのハチャメチャ感はなく、また少し違っています。

ヒッピーな時代の背景を知る年代の人たちにも受け入れられるでしょうし、豪華なキャストやカッコイイおしゃれな演出で若い世代にもウケそうな映画です。

音楽やインテリアもおしゃれで、逆に新鮮に思えます。
とくに音楽は映画の大事なポイントになっています。

私はアメリカのIMDbという映画や俳優の情報などが得られるアプリを使っているのですが、そこで10段階の映画評価を自分でつけられるようになっていて、現時点で約2万人弱が評価し、本映画の平均が「7.4」でした。

概ね「7」を越すとそこそこ楽しい映画という感覚です。
もちろん人によって評価の基準や感覚が違うので一概には言えないところもあるのですが。

ちなみに私と旦那さんは「バッド・タイムズ・アット・ザ・エル・ロワイヤル」に「9」をつけました。

旦那さんの話だと、この映画を観て、1960年代終わりに大殺戮を行ったカルト教団の指導者、チャールズ・マンソンを思い出したとのことでした。

映画の時代設定もぴったりあてはまるので、ひょっとしたらその事件をモデルにしてるかもしれません。

日本で公開されるかはわかりませんが、クリス・ヘムズワース、ジェフ・ブリッジス、ジョン・ハム、ダコタ・ジョンソンなど豪華俳優たちが揃うので、日本で公開されるかなーと勝手に思っています。

半年ほど前に、「アップグレード」というアクション映画がアメリカで公開になったのですが、低コストな感じの映画にも関わらず、斬新でクールなとてもおもしろい映画で日本でも公開されるものと信じていたのが結局公開ならずだったので、この映画は是非日本公開を!と思います。

映画をキーワード化

この映画を実際に観て、キーワード化してみました。

クール スタイリッシュ アクション バイオレンス  60年代 カッコいい おしゃれ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




中のひとの紹介

Liko

Liko

ハワイ在住です。
ひょんなきっかけでハワイにやってきました。 [詳細]

folder ハワイの基本情報

ハワイは英語不要なの?
more...