ハワイは今何時?

ハワイの観光スポット、レストラン、イベント、おみやげ、新店情報、事件・事故・治安情報のほか、在住者の視点でトラブルや事件・事故に巻き込まれないようにするにはどうしたらよいかなどを具体的に書いています。ハワイの旅を安全に楽しみたい人におすすめのブログです。

ハワイ弾道ミサイル誤報があったときの我が家の様子、アメリカ市民の捉え方

calendar

reload

ハワイ弾道ミサイル誤報があったときの我が家の様子、アメリカ市民の捉え方

ハワイが一時的にパニック状態になった、北朝鮮弾道ミサイル警報の誤報の件で、そのときの我が家の様子を参考までに。

1月13日の土曜日の朝午前8:07、土曜の朝かつ風邪を引いて寝込んでいた私はそのアラームで目が覚めました。

ハワイ弾道ミサイル警報誤報 ブログハワイは今何時

なになに?

へ?

「THIS IS NOT A DRILL」??
(これは訓練ではありません)

なぬなぬ???

少し寝ぼけつつも最後のその文を繰り返し読み、短い間にいろいろなことが頭をよぎりました。

そのときの私(旦那さん)の思考回路と行動↓↓

訓練ではない

ミサイルが10-15分後くらいに来るかも

シェルターの場所なんて知らない
つか、この辺に存在するのかすら知らない
地下室もない

ハワイに弾道ミサイルなんて飛んで来た日には
パールハーバーめがけたってミサイルの精度もあやしいし
我が家が一瞬で吹き飛ぶかもしれない。

死ぬ確率大
死ななくても被ばくするかも。

リアル警報だとしても今じたばたしてもしょうがないな

もし仮に生き残ったときに水に困るだろうから
水でも汲んでおくかな。。
ま、誤報かもしんないし、死ぬかもしれないしまいっか。
とりあえずトイレだけでも行っとくか。。

トイレへ。(ここで警報から5分経過)

リアル警報かもしれないし、いちお旦那さん起こしに行くかな。。(旦那さんも具合が悪くて寝てた)

旦那さん起こしに

旦那さん⇒6割警報信じてない
私⇒3割警報信じてない

旦那さん⇒フェイスブックで何か警報の件で情報がないか、窓の外もチェック
私⇒ネットで核ミサイルが飛んできたときに被害を少しでも免れる方法をぐぐる

旦那さん「ほんとだとしても今更何しても無駄だよ。死ぬしかない」
私「とりあえずダメ元で(気休めに)トイレにでも二人で入ってようか」

その後結局二人でソファでテレビで最新情報を探りつつ、一枚の毛布にくるまって身を寄せ合いながら死ぬかもしれない、誤報かもしれない微妙な時間を過ごす。

とくに「最期の時」みたいな会話もなく、ひたすらテレビの情報を淡々と探り続ける。

そして最初の警報から38分後にこのアラームが私のもとへ。
ハワイ弾道ミサイル警報誤報 ブログハワイは今何時

なんか半分観念した感じと半信半疑の感じが入り混じった複雑な気持ちで過ごした38分間でした。

訓練じゃないって書いてあるからリアルの可能性大なのに、妙に落ち着いてるというか、観念したというか、事実と思えないというか、ふわふわしたなんともいえない精神状態。

東京に住んでいた時にも地震のエリアメールよく届いてたし、どう行動しようとか咄嗟に考えてたけど、今回のその「訓練じゃない」って言葉は妙に刺さって、リアルだった場合にはどうすることもできないという自分の中で本当に「観念した」感じがしました。

我が家ではこんな状態でしたが、旦那さんは誤報とわかったあと、そもそもトランプ大統領がこのシステムをアクティベートしなければこんなことは起きなかったんだとかなりお怒りの様子でした。

フェイスブックでも「笑えない」と動揺と怒りのコメントをしてるアメリカ人の友人も何人かいました。

新聞、テレビの放送やフェイスブックなど、ハワイ、アメリカ本土の人の反応を見ると、アメリカではかなり大事として捉えられています。

フェイスブックで「でも誤報だったんでしょ?」みたいな発言した人は空気読めてないな的な扱いのコメントが返されてました。
身の回りがデモクラティックな人が多いからかもしれませんが。

また、その誤報事故の後、早速「NO核」のデモもハワイで行われたようです。

ハワイの新聞、ホノルル・スター・アドバータイザー紙でも何ページにも渡る記事で、いかにこの警報の影響が大きかったか、人々がパニックに陥り、絶望し、混乱し、誤報と分かった後に怒りに転じていったか、また誤報の原因などについても書かれていました。

ホテルでは避難を客に呼びかけ、空港でも騒然、街中でも逃げ惑う人達でマラソン状態だったとか。

ホノルルでも住宅街の我が家の周りはいつもと同様に思えましたが、表通りに出たらそんな状態だったのかもしれません。

小さいお子さんのいる家庭は本当に大変だったと思います。
子供に死の恐怖を味わせたわけですから怒るのも無理ないと思います。

ちなみにアラームは旦那さんの携帯には届かず、私の携帯にだけ届いたようです。
アラームが鳴らなかった原因も調べなくては。

とりあえず夫婦ともに自宅だったのでそこは不幸中の幸いでした。

今回の誤報で、私的には、びっくりしたけど起きてしまったことは起きてしまったこととして、今までは津波時にどうするかくらいしか夫婦で話すことがなかったし、こんなことでもなければミサイルが飛んでくる非常事態にどうするかなんて考えることもなかったと思うので、これを教訓にプランA、プランB、プランCと備えようと思いました。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




中のひとの紹介

Liko

Liko

ハワイ在住です。
ひょんなきっかけでハワイにやってきました。 [詳細]

folder ハワイの基本情報

ハワイは英語不要なの?
more...